水虫の治療は薬を使わず治せる!

サイトマップ

水虫の治し方.infoでは、薬を使わない正しい水虫の治し方・足の臭いを消す方法を解説しています。

水虫の治療は薬を使わず治せる

 

水虫の治療というのは、一般的な治療法ですと完治までものすごく時間がかかります。

水虫の主な原因は、白癬菌というカビの仲間です。このカビに対して、あなたの足の皮膚が炎症反応を起こし、それでかゆみが出たり、水疱が出たり皮膚の剥がれになります。

水虫の治療は、この白癬菌を消滅させないといけないわけですが、皮膚の奥底に入ってしまうと完全な滅菌はとても難しくなり、季節や足の環境によって症状も変わってきます。

乾燥した季節になると、水虫特有のかゆみがおさまるために「もういいかな」と治療を中断してしまうんですね。でも、それは白癬菌が消滅したわけではなく水虫は治っていません。また湿度の高い季節になったり、靴などの環境が悪化すればすぐに症状が出てきます。

一般的な水虫の治療は主に薬を使います。外用薬だけで治療する場合もあれば、内服薬も併用する場合もあります。

近年は、新しい抗真菌剤が開発され効果も向上しているのですが、先ほどもお話したように水虫完治の見極めは難しく、治療が長期化するために精神的にも経済的にも治療を続けるのが難しくて途中で止めてしまうケースが多いんです。

それで水虫が再発・・永遠に治らず・・ということが起こってしまいます。そして、西洋医学の薬の治療には必ず副作用が伴います。

外用薬の治療であれば、刺激痛・かゆみや炎症の悪化・かぶれなどが起こったり、内服薬の治療であれば胃腸障害や肝臓障害などの副作用が起こることがあります。

ですので、水虫の治療でおすすめしたいのが、まずは民間療法なんです。時間もお金もかかり、薬の副作用も考えられる病院治療よりは、安全・安価で自分で出来る水虫治療をまずチャレンジしてみるべきなんです。

>> 水虫の治し方・足の臭いを消す方法の詳細はこちら!