水虫の防ぎ方は足をよく洗って乾燥させれば菌はつかない

 

水虫の防ぎ方は、足をよく洗って乾燥させれば菌はつかないのです。

たまたま皮膚に付着した水虫菌がすぐに落ちてしまうかどうかもポイントです。水虫菌のつきやすさのほかに、いくつか物理的な条件が入ってくるものと予想されるからです。

皮膚の表面に水虫菌が偶然ついたとしても、すぐに洗えば簡単に落ちてしまいます。ただし、水虫菌がついたあと、すぐに靴などを履いてしまうと、白癬菌(水虫菌)はなかなか落ちなくなるのです。

そして、足をあまり洗わない人は、よく洗う人よりもこの点で当然不利になります。ただ具体的に、どのくらいの間隔で、どのくらいの時間、あるいはどのくらいの強さで足を洗えば防げるのか・・というデータや目安まではありません。

とにかく、白癬菌が落ちていそうな場所(プール、体育館、シャワー室など)を歩いたあとには、なるべく早く、丹念に足を洗うようにしなければいけません。そして、指の股の間まで丁寧に洗うように注意することも大事です。

そして洗う前に、ついでに指のあいだの皮膚をよくみて、皮が剥がれている場所や白くなってふやけている場所はないかチェックしておくことも大切です。また、洗ったあと、水で十分に流すことも大事です。

さらによく洗ったあとは、よく乾燥させましょう。水けをふき取って、しばらく裸足で十分に乾かさないといけません。特にに足の指のあいだが狭くてくっついているようなタイプの人は、指を広げるように努めてください。

扇風機やドライヤーなどを使うのも良いでしょう。

 

>> 水虫の治し方・足の臭いを消す方法の詳細はこちら!